Home > 合格者体験談 > 2008年度 > YTさん

合格体験談

YTさん

  • 2008年度1月実施の英検1級当校合格者
  • 2008年度

プロフィール

英検に関しては、独学で準1級に合格し、その後、留学を2回経験しました。ビジネスでは、海外出張も何度か経験しています。ただ、帰国生徒及び留学経験者が英検1級に苦戦している事実を知り、今回富士アカデミーの門を叩きました。

Q1.語彙・熟語問題攻略法

やはり1次の難関は、語彙・熟語問題です。配布プリント及び富士アカデミーのオリジナル「受験対策必須単語・熟語集」を繰り返し覚えるようにし、過去問も繰り返し解きました。単語を覚える場合、日を空けて何度も繰り返し覚えることにより、記憶に留めるようにしました。知らない単語が多いページもありましたが、そのような単語でも海外の週刊誌やニュースの中で頻繁に使用されていることに気付きました。授業で説明を受けた単語は記憶に残り、単語の学習としては、一番効果的なものでした。

Q2.読解・空所補充問題攻略法

配布プリントの問題及び過去問で、その傾向をつかむようにしました。やはり空欄の前後の文脈からの類推力と選択肢のための語彙力を養う必要があります。

Q3.読解・内容一致問題攻略法

2と同様に問題を解くことで、傾向をつかむようにしました。多読も重要ですが、授業では精読の大切さも教えられました。授業で解いた問題を何度も繰り返し解くことにより、語彙力も養われます。又、サイエンスの分野もカバーしている海外の週刊誌を読むことにより、読解力及び語彙力の強化に努めました。

Q4.英作文問題攻略法

授業では時間内に英作文を作成し、ポイントを押さえた添削をして頂きました。この英作文は2次試験のスピーチにも繋がります。

Q5.リスニング問題攻略法

過去問で問題の傾向をつかむことが大切ではないかと思います。ナチュラルスピードに慣れるという意味で海外のニュースやテレビの2ヵ国語放送の映画に触れるようにしました。米語のみならずイギリス英語など英語圏の様々な英語にも慣れておいたほうがよいと思います。本番のパート4は、イギリス英語でした。

Q6.2次面接対策攻略法

過去問でスピーチを実際にやってみて、話す内容がなければ日本語でも無理だと感じました。まず富士アカデミーの2次試験の対策コースを3回受けました。特に授業の中で、1分間の準備なしに、唐突に指名されて即興でスピーチをする訓練は一番、効果的でした。試験準備としては、環境・教育・テクノロジー等様々なテーマについて、日本の週刊誌、経済雑誌、海外の週刊誌及び新聞社説等を読みました。特に英字新聞のオンラインの社説のアーカイブは、非常に役に立ちました。又英語でのコミュニケーションを取る場合、ボディランゲージ及びアイコンタクトは非常に重要であることを富士アカデミーの授業で再認識しました。

Q7.後輩へ合格するためのアドバイス

よく情報収集をして、効率的に自分に適した勉強法を分析することが重要だと思います。

Q8.富士アカデミーのここを薦める

英検1級の試験傾向を熟知された先生方の授業は、非常に分かりやすく、2次試験のアドバイスも大変貴重なものでした。お陰様で、1次試験では約2ヵ月、2次試験では16日間の準備しかない状況の中で、初回受験で合格出来ました。

資料請求
説明会のご案内
授業見学
授業見学 通訳ガイド試験はこちら
富士アカデミーツアーズHPへ

Return to page top