Home > 合格者体験談 > 2010年度 > 京塚 在裕美さん

合格体験談

京塚 在裕美さん

  • 2011年1月実施の英検1級当校合格者
  • 2010年度

プロフィール

英語を専攻していたわけではなく留学経験もほとんど無く、日常の生活において英語と触れる機会はさほどありません。ですが、英語が大好きで、英語を武器に仕事をしたい!という強い気持ちだけは持っています。
英検1級の一次試験は5回目で、二次試験は一回目で合格することができました。今回の合格を励みに、もっとスキルアップさせていきたいと思っています。

Q1.語彙・熟語問題攻略法

富士通訳ガイドアカデミーの『必ず出る!必須単語・熟語集』はスグレモノです。これで単語問題は8割以上の点数を確保できます。単語の覚え方は人それぞれで、試行錯誤の末に自分なりのやり方ができてくると思います。私も、発音したり、ひたすら書いたり、単語カードを使ったりといろんなやり方を試しました。先生は「忘れるのが当たり前。忘れても何度もやっていれば、だんだん覚えられる」とおっしゃっていたので、忘れてもめげずに繰り返して覚えるようにしました。英検一級の単語は新聞や雑誌でも頻出なものばかりです。語彙力が付くと長文がぐんと読みやすくなるのは言うまでもありません。
実際の試験では単語問題でいい手ごたえが感じられたので、それ以降の問題にポジティブな気持ちで取り掛かることができました。

Q2.読解・空所補充問題攻略法

配点が低い割には難しい問題だと感じています。ただ、文章全部を読む必要はなく、問題の前後、特に前の部分をしっかり丁寧に読めば回答できると思います。
読解力をつけるには多読することが大切だと思います。私は新聞派なので、英字新聞をたくさん読みました。特に社説やテクノロジー、文化などの記事が英検対策には有効です。新聞はいつでも気軽にさっと手に取れるので、「勉強する!」という気負った感覚をもたずに英語力をつけることができるし、世の中の動きもわかるのでまさに一石二鳥です。

Q3.読解・内容一致問題攻略法

私は、長文を読み進みながら同時に設問をチェックする、というやり方です。たいてい一つのパラグラフにつき順繰りに一問、というパターンなので、頭から一つずつ片づけていくのが効率的だと思います。該当するパラグラフをよく読めば正答が見えてきます。
最後の文章題は、語数が多いものの、その分内容自体は比較的平易です。試験では残り時間が気になりだして焦る頃ですが、落ち着いて取り掛かれば得点源になります。

Q4.英作文問題攻略法

トピックの内容は幅広いので、過去問や市販の問題集なども使って練習を重ねるしかありません。ノートにではなく、コピーした解答用紙に回答を作り、全体の長さ等の感覚をつけておくといいと思います。使いやすいフレーズやお決まりのセンテンス等を用意しておくと、ぐんと書きやすくなります。
論理性が大切なので、起承転結がしっかりしていなければなりません。仮に自分の本意と多少異なったり内容が浅くなったとしても、高得点を得るには冒険せずに、書きやすい内容で無難にまとめるのが得策だと思います(合格に余裕がある方には当てはまりませんが・・・)。
先生には空き時間に英作文の添削をしていただき、採点者の目からポイントやテクニックを教えていただきました。

Q5.リスニング問題攻略法

過去問をおさえるのが有効です。英検独自のパターンがあるので、それに慣れているとだいぶラクです。また私は普段からHNKラジオの英語ニュース(30分番組)を録音し、毎晩聞くようにしました。単に聞き流すのではなく、ディクテーションするなどして集中して聞くことでリスニング力がついていくと思います。

Q6.2次面接対策攻略法

富士通訳ガイドアカデミーの直前2次対策講座はとても有効でした。クラスメートの発表からもかなりヒントが得られますし、実際のインタビューと同形式でリアルな練習ができます。ネイティブの先生オススメのフレーズは本番の試験でも役立ちました。
インタビューの内容は多岐にわたるので、興味のない分野でもある程度スピーキングができるように用意しておく必要があります。実際のインタビューでは、5題のトピックから1つを選んで内容を考える時間がたったの一分かありません。5題のトピックの単語をさらっと見て、できそうなものをパッと選び出し、おおまかに内容を考え出せれば、あとは一生懸命に話すだけです。聞き取りやすい音量でわかりやすく話そうと心がければ、試験官もバックアップしてくれる気がします。

Q7.後輩へ合格するためのアドバイス

まずは単語だと思います。繰り返しやれば少しずつでも必ず覚えられますし、長文が読みやすくなります。英検一級は難しい試験なので、力があったとしても運に惑わされてしまうこともあるかもしれません。でもあきらめないで地道にコツコツやれば、必ず合格できると思います。

Q8.富士アカデミーのここを薦める

富士通訳ガイドアカデミーは先生もスタッフの方々もフレンドリーで親身に対応してくれます。試験の特徴を熟知しているベテランの先生ばかりなので、先生のアドバイス通りに勉強を進めれば必ず合格できると思います。
また、富士通訳ガイドアカデミーの教材『必ず出る!必須単語・熟語集』はズバリ出ますので、合格には強い味方になるでしょう。
直前2次対策講座は臨場感ある実践的な講義です。ネイティブの先生のアドバイスやクラスメートの発表から得たものは即そのまま本番でも生かすことができるでしょう。

資料請求
説明会のご案内
授業見学
授業見学 通訳ガイド試験はこちら
富士アカデミーツアーズHPへ

Return to page top