Home > 合格者体験談 > 2012年度 > 美澤 貴子さん

合格体験談

美澤 貴子さん

プロフィール

旅好きの祖母に育てられ、10代から旅行業を志し、海外留学を経て、大学卒業後から旅行業務に従事しています。高校入学から英会話にも通い、気さくな外国人の友人にも恵まれ、仕事にも支障がなく、英語で困ることはないと思いこんでいました。
そんな私がぶち当たった英検1級突破の壁は、かなり高く、分厚かったです。自分の英語力が十分だったのではなく、周りのネイティブが自分の低いレベルに合わせていてくれたのだということを痛感しました。

Q1.語彙・熟語問題攻略法

最小限の単語で用を足していた私にとって、一番難しかったのが語彙力をつけることでした。授業で使う必須単語・熟語集を最初に読んだ時は分からない単語の方が圧倒的に多く、愕然とし、根が怠け者な私は少しでも楽な方法を考えましたが、そんなものはありませんでした。ひたすら覚えるしかありません。 実践した方法としては (1)必須単語・熟語集をひたすら読む (2)穴埋め・長文問題や英字新聞などで分からなかった単語は即書きとめる (3)(1)(2)で分からなかった単語は辞書を引き、例文・用法とあわせて覚える、書く (4)(3)でなかなか覚えられない単語は単語カードを作り、暇さえあれば見る、読む、使ってみる、でした。日常生活や文章の中で単語が自然に覚えられれば理想的なのでしょうが、ネイティブでない日本人が、日常日本語で過ごす中では、機械的に覚えこむ作業なしで、語彙力をあげるのは難しいかと思います。 富士では、単語集の宿題が出されます。まず単語の復習から授業が始まり、覚えていないと授業開始早々、恥をかきます。よい意味でプレッシャーになり、入学前に比べ、単語を覚えるスピードもアップしていきました。

Q2.読解・空所補充問題攻略法

英検の一次試験は時間との戦いです。時間をかければ十分に理解できる英文でも、時間内に4つの長文を全て隅から隅まで精読するのは難しいです。実際の一次試験に近い環境・手順での読解を習慣づけられることをお勧めします。 (1)まずは長文の段落に番号をふる (2)問題文を見る。人名が出てくる場合は長文の人名にマーカーなどを引く (3)問題文で問われていることの答えを探すように、長文を読み進めていく ※答え合わせと並行し、分からなかった単語をピックアップし、単語を学習したので、語彙力のアップにもつながりました。 富士の授業では宿題の長文とあわせ、授業中、限られた時間内で問題を解き、その後、知念先生からどこが正解のポイントだったのか、丁寧な解説もあり、時間内で効率よく問題を解く力を身につけることができました。

Q3.読解・内容一致問題攻略法

Q4.英作文問題攻略法

Essayの学習法は書く→ネイティブの先生に添削していただく→不適切だった表現の学習、を繰り返すしかありません。また、これは二次対策にもつながることですが、日頃から社会問題に対して、自分なりの見解をすぐに書ける、言えるようにしておくことを心がけました。 富士の授業では、英作文の授業は本番さながら時間制限付きでその時自分が持っている語彙・作文能力で書けるものを書き、提出し、添削頂きます。これは大変ためになりました。 巷にはインターネットでの添削サービスや宿題で書いてきたものを添削する授業スタイルもありますが、個人的にはお勧めはできません。 時間をかければ洗練された英作文は書けますし、自宅の自分の書斎であれば、リラックスしてよい表現も出てくると思います。本番に近い環境で書かれた英文こそが、その時の自分に実力だからです。

Q5.リスニング問題攻略法

リスニングは聞き流しているだけでは決して上達しないと思います。問題集をただ解いているだけでもあまり上達はしませんでした。一番効果があったのが「ディクテーション」です。 最初はかなり面倒な作業ですが、スクリプトを一切見ずに、聞こえたことをそのまま書きとっていきます。聞き取れなかったところは繰り返し、繰り返し、聞き、書きとります。出来上がったものとスクリプトを見比べ、違っているところに赤を入れ、それを見ながら、もう一度英文を聞き、どこをどう聞き違えたのか、確認します。それと合わせ、分からなかった単語も学習すれば、語彙力もつきます。また、冠詞の聞き間違い、自分が間違えやすい文法的な誤りも発見できます。これは英作文の学習にも効果的です。富士の授業では、スクリプトとCDが配布され、ディクテーションが宿題となります。赤だらけの学習ノートを提出するのは、気まずいものもありますが、励みにもなります。

Q6.2次面接対策攻略法

Q7.後輩へ合格するためのアドバイス

大事なのは「諦めないこと」です。英検1級で出てくる単語は日常使わない、英検1級がなくても仕事はできる―合格を諦める方便として、巷にはいろいろな無責任な助言が転がっています。確かに1級は簡単には合格しない試験です。準1級まで不合格知らずでしたが、1級は一次が2回、二次が1回不合格でした。1回で合格される方もいらっしゃれば、私のように何度か不合格通知を手にする方もいらっしゃるでしょう。ただ、諦めず、学習を続ければ確実に実力はつきます。1回目は不合格B→2回目は僅かに6点足りず不合格A、3回目の一次で合格するも、落ちる人が少ない2次試験に不合格となり、大変悔しい思いをしましたが、最後には二次試験も86点の成績で合格することができました。合格は諦めなかった人のみが手にできます。頑張ってください。

Q8.富士アカデミーのここを薦める

富士アカデミーは少人数制で、先生と生徒の距離が近いことが一番のお勧めです。知念先生は個々の生徒の現在の実力、弱点を把握していらっしゃり、学習方法や悩みにも親身になって相談にのってくれます。一次試験の2回目の不合格の時、また、落ちるとは夢にも思っていなかった二次試験の不合格の時にも、どれほど心強かったことか。 まさかの二次試験不合格の時は、タントラム先生にも大変お世話になりました。富士のコースは本来、一次試験終了後、二次対策の授業となりますが、その授業以外でも、二次試験に不合格という前代未聞の生徒のために、集中講座を組んで頂きました。 是が非でも合格させる、という知念先生、タントラム先生の優しさと気迫は今度落ちたらどうしよう、というプレッシャーでもありましたが、その甲斐あって、二次試験ではリラックスして、試験官の反応を見ながら話すことができました。ここまでしてくれる学校はどこを探してもないと思います。 この場を借りて、知念先生、タントラム先生には改めて心より御礼申し上げます。 本当にありがとうございました。

関連エントリー

資料請求
説明会のご案内
授業見学
授業見学 通訳ガイド試験はこちら
富士アカデミーツアーズHPへ

Return to page top