Home > 合格者体験談 > 2012年度 > T.Y さん

合格体験談

T.Y さん

プロフィール

私は2000年から2006年までアメリカで生活した経験があったため、「そんなに難しくはないだろう」と帰国後軽い気持ちで英検一級を受験してみたところ、あまりの難しさに愕然とし、もちろん最初の試験は不合格でした。それ以来始めたことはやり遂げたいと思ったことと、また当時は就職活動中だったこともあり、履歴書に記入できる資格を取りたいと考えたこともあり、数年間かけて合格することができました。

Q1.語彙・熟語問題攻略法

私の場合は、この単語・熟語パートが一番苦手でした。いくら暗記しても次の日にはもう忘れているという具合で、このパートの勉強に時間をかけすぎたため合格するのが遅れたと言っても過言ではないと思っています。それが証拠に私の場合、このパートは数年間の勉強でもまったく点数が伸びませんでした。乱暴な言い方になりますが、このパートは特に勉強せずに他の得意なパートに集中するのもお勧めです。

Q2.読解・空所補充問題攻略法

Q3.読解・内容一致問題攻略法

長文問題は時間とのたたかいだと思います。落ち着いて取り組めば簡単に解ける問題も、試験会場で時間に追われていれば間違った解答を選んでしまうこともあります。ただ、私の場合はこのセクションを集中的に解いたことが合格へのカギでした。普段から力試しのためにToeicのリーディングセクションを時間内に解く練習をしていたところ、いつもは時間が足りなくてギリギリになってしまう長文問題が普段より15分も早く終えることができ、その結果合格できました。ご存じの通り、Toeicのリーディングセクションはそんなに難しくない内容の長文を時間内に大量に読まなければならず、その速読のスキルが英検の長文問題にも生かされたのだと思います。

Q4.英作文問題攻略法

英作文はただただ過去問に取り組んで、なるべく早く書き上げることに集中しました。私は英作文が苦手で、時間が足りなくなることもしばしばでした。最低でも20分は英作文に時間をかけられるように、普段はもちろん試験前は当日の午前中まで英作文に取り組んでいました。

Q5.リスニング問題攻略法

リスニングに関しましては、これと言って特に有効な上達の方法があるわけではないと思います。というのは、私の場合、リスニングパートは特に勉強しなくてももともと得意とするパートだったからです。ただ、ディクテーションは割と有効的な学習方法だと感じました。また、私の場合はリスニングのスピードに耳が慣れるまで時間がかかるので、試験直前まで会場で過去問題を聞いて耳を慣らすようにしていました。

Q6.2次面接対策攻略法

Q7.後輩へ合格するためのアドバイス

私は英検一級を勉強中に、何の用意もしないで力試しにToeicを初めて受験してみたところ、いきなり900点をとることができました。このように英検一級はToeicで多くの人が目標とする900点を軽くクリアすることができるほど、とても難しいものだと思います。時には果てしない勉強にくじけそうになる時もありますが、あきらめないことが肝心です。逆に言えばあきらめなければいつかは必ず合格する試験です。自分の弱点を見極めて、コツコツ勉強を続けていくことが重要だと思います。

Q8.富士アカデミーのここを薦める

先生との距離が近いことです。いつでも質問できるアットホームな雰囲気が他の学校にはない良い点だと思います。

関連エントリー

資料請求
説明会のご案内
授業見学
授業見学 通訳ガイド試験はこちら
富士アカデミーツアーズHPへ

Return to page top