Home > 合格者体験談 > 2014年度 > 市川 秀紀さん

合格体験談

市川 秀紀さん

プロフィール

 この度、英検一級試験に奇跡的に合格しました。2回目の受験です。奇跡的といったのは決して謙遜ではなくて、私なりに考えて「戦略的に」試験に臨んで、ぎりぎりの点数で、ともかくにも合格したということでそう言ってみました。ですから実力のある皆さんには参考になるかわかりませんが、恥を忍んで私なりの「作戦」を書こうと思います。

まず、1回目の試験を受けると決めた時から富士通訳ガイドアカデミー岩渕先生の講座を取りました。思い知らされたことは、単語力がないこと、英作文力がないこと(0点もありました。)「読む、書く」の力は並といったところでした。そして、そんな実力で試験を受けてみて、びっくり。ほとんど歯が立たず、なんと不合格Bでした。

ただし初めての経験で分かったことがたくさんあったのです。そして次のような「作戦」を考えました。

Q1.語彙・熟語問題攻略法

残念ながらひたすら覚えるしかありません。ただし、岩渕先生の例文を繰り返しやってください。なんとなくGUESS できるようになります。接頭語、接尾語、似ている語などがなぜか匂ってきます。市販で売られている某単語集をやってみましたが、出る順のため、あまり薦められません。富士通訳ガイドアカデミーの単語帳のほうがアルファベット順のため思い出しやすかったです。先生が授業で言っていた教えとして、どちらにしようか迷ったら最初に思いついた方を選びなさい、は全くその通りだと思います。まずは推理力を高めるのです。沢山単語を見ていると必ず高まります。17点は取りたいと思っていましたが運よく18点でした。(先生は20点といいますが至難、最低17点が目標。)所要時間15分目標、たぶん17分かかります。

Q2.読解・空所補充問題攻略法

これこそ英検でコツのいるところです。一度過去問を、所要時間に関係なくゆっくり読んでみてください。まず正解します。つまり問題は時間なのです。本番では大まかに言って一回しか読む時間はありません。まず、設問を読んで、疑問詞、固有名詞、訊いている内容を表している動詞にくるっと○をします。そして本文の読みをスタート。普通のスピードで一回読むだけと思ってください。ただし、設問は文の流れに沿って聞いてくれています。この辺かなと思いながら、ちらちらと設問を見ます。設問で聞かれるのは、ずばりの内容か、多くは内容の言い換えです。匂っているあたりは少しスピードを落としても大丈夫です。そのあたりの本文と設問を3回以上読んでも解らなかったら、あきらめて、勘で回答して次に進みます。このやり方の繰り返しで回答していきます。訓練で効果があったのは新聞の社説の速読です。新聞は同じ語彙と表現を使います、日本の新聞を読んでいれば事件の内容をGUESSできるので、直ぐに慣れます。出勤時、毎朝総武線で新宿まで19分、高円寺は無理でしたが、中野(14分)までに読了できるまでに進歩できました。とにかく早く読む訓練です。所要時間55分目標。この時間は次の英作文の時間を確保するためにも、死守。

Q3.読解・内容一致問題攻略法

Q4.英作文問題攻略法

ここでいよいよ苦手の英作文です。1回目の受験時は作戦として読解の途中で英作文に取り組みました。焦りを防止する目的でした。しかし順番に前からやった方が正解です。思考が途切れてしまうからです。ここに30分残すことができればまず余裕です。多分よくて27分、25分で何とか、20分では焦ってください。ここでのコツは、いきなり書き始めずに、日本語でストーリーを考えてさっとメモります。つまり和訳していく感じです。決まり文句、SET PHRASES をガンガン使います。とにかく解答用紙を埋めます。効果があった対策は、岩渕先生の宿題を何回も何回もひたすら清書、清書。そして提出。先生がよくも飽きずにお付き合いしてくれました。初めは12点、15点、18点、最高で22点。思い出せば本番試験の一回目では10点でした。今回も満点の半分の14点は無理でも、12点くらいかなと思っていましたが、なんと18点。つまり先生の指導と採点は厳しく辛いのです。感謝します。

Q5.リスニング問題攻略法

実は唯一自分なりに得意と思っていたのがこの科目でした。ところが最初の3問ぐらい何も聞き取れないのです。機械が悪いのかと思いましたが、はっと気が付きました。10日前に風邪をひいて抗生物質を飲んでいたのです。言われてみれば普段の会話も聞き取りにくいなと思っていました。とにかく試験前の体調管理は大切です。これに懲りて2次試験の前はよく寝てよく食べていました。と言う訳で得意の科目がさんざんで、それでも何とか70%、本当にギリギリでした。コツは、各問題の説明アナウンスの間に、PART 3の設問の状況説明文を先に読んでおくことをお勧めします。ここは唯一配点が高い分だけ答えにひっかけがあります。注意してください。ほかは「常識で」GUESSできるところも多々ありますが、ここPART 3は注意。間違いや解らなくても気にせずに他を頑張りましょう。残念ながら一番一夜漬けが聞かないのがリスニングかなと思います。その代り少しサボっても大丈夫ですから普段から気長に継続、継続です。ついでに言いますと、すぐに効果が出るのが単語の暗記、次が読解、そしてリスニングの順だと思います。

Q6.2次面接対策攻略法

Q7.後輩へ合格するためのアドバイス

以上お役にたてるかわかりませんが私なりに考えたことを書かせていただきました。これでもう試験を受けなくていいと思うと、ホっとしているとともに、これからは有資格者として見られるため、これからが本当の勉強が始まるのかと思うと大変緊張しています。受験生の皆さん、頑張ってください。一緒に勉強を続けましょう。

Q8.富士アカデミーのここを薦める

結びになりますが、富士通訳ガイドアカデミーさんには本当に感謝しています。特に岩渕先生には心から感謝しいています。スタッフの方々の厳しく暖かい母のまなざしと、いつも変わらぬ優しい励ましのお言葉は一生忘れません。

資料請求
説明会のご案内
授業見学
授業見学 通訳ガイド試験はこちら
富士アカデミーツアーズHPへ

Return to page top